12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
お問い合せは、Coconut Recordsからお願いします。
qrcode
Page: 1/1   
子守唄♪ Lullaby♪
急にあったかくなったと思ったら‥




また、めちゃくちゃ寒いじゃないか〜〜!!



もの凄い温度変化に体がびっくりしちゃうね。


びっくりし過ぎて、寝苦しい夜も増えがちな2月〜のこの時期ですが、

みなさま、ゆっくり眠れてますか?



にゃんだか眠れないにゃ〜‥というあなたへ

Yukiが子守唄を歌ったからね♪



It had been warm, but..it got so cold again!
At this time in the year, it's hard to adapt to the sudden change in temperature.
Do you sleep well?
I sang a lullaby for you♪



沖縄を代表するシンガー、古謝美佐子さんの「童神(わらびがみ)」だよ♪

I sang "Warabigami" by Misako Koja. She is one of the most famous Okinwan folk song singers.
生まれて間もない赤ちゃんをあやす、母親の大きな愛が歌われています。

This song is about the big affection of a mother for her child.


天からの恵み 受けてぃ此(く)ぬ 世界(しけ)に
(天からの恵み 受けてこの地球に)

生まりたる 産子(なしぐわ) 我身(わみ)ぬむい育てぃ
(生まれたる我が子 私が守って育てるからね)

イラヨーヘイ イラヨーホイ

イラヨー 愛(かな)し 思産子(うみなしぐわ)
(イラヨー 愛しい我が子)

泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー
(泣くんじゃないよ ヘイヨー ヘイヨー)

太陽(てぃだ)ぬ光 受けてぃ
(お天道さんの光受けて)

ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー
(どうか良い子に)

勝(まさ)さてぃ給(たぼ)り
(どうか何事も無く育ってね)



The lyrics in Romaji and the English translation: 

Tin kara no megumi uketi kunu shike ni
Umaritaru nashiguwa wami nu mui sodati
(It's a blessing from heaven that you were born into this world
My beloved child, I will raise you with loving care)

Irayoo hei, Irayoo hoi, Irayoo
Kanashi uminashiguwa
(Irayoo hei, irayoo hoi, irayoo
My dearest child)

Nakuna yoo ya heiyoo heiyoo
Tida nu hikari ukiti
(Don't cry, my dear child, heiyo heiyo
May the sun shine on you)

Yuiriyoo ya heiyoo heiyoo
Masasatii tabori
(Be a good boy, heiyo heiyo
Please grow up in miraculous health)


それではみなさま、赤ちゃんになった気分で

ごろごろにゃ〜ん‥☆

ゆっくりおやすみころりんこして下さいね。


Sweet dreams, everyone!
Sleep like a baby..☆


| Yuki | 23:48 | - | - | pookmark |
天に咲く花♪ The flower that blooms in the heven♪
寒いですね〜!

みなさま、お元気ですか?


あったかい太陽が恋しいよね!


ぽかぽかあったか三線で、
沖縄民謡「てぃんさぐの花」を歌いましたよ♪

さてさて、

「てぃんさぐぬ花」ってどんな花でしょう〜?




答えは‥


沖縄の言葉で、ホウセンカの花でした!




「てぃんさぐ」っていう言葉は漢字で書くと「天咲」で、


つまり「てぃんさぐぬ花」は「天に咲く花」という意味になります。



素敵な言葉だね!


あったかい響きが心地いいです。




歌いだしは、


「ホウセンカの花で爪を染めて」


って歌っているのですが、


沖縄では、古くから、ホウセンカの汁を爪に塗って染めると魔除けになると信じられていたそうです。


とってもきれいな夕焼け色に染まるみたい!


いいな!いいな!Yukiもやってみたいな〜♪




歌詞の最後の部分は‥


朝夕(あさゆ)肝(ちむ)磨ち
浮世(うちゆ)渡ら

(朝夕と心を磨きながら、日々を生きていこう)




寒さまだまだ、とっっても厳しいけど、

ちむが風邪ひいちゃったりしないように、

あったか〜くして、体ゆっくりやすめて、

素敵な一週間をお過ごし下さいね!



"Tinsagu nu Hana" is one of the most famous Okinawan folk songs.

"Tinsagu nu hana" is Okinawan for balsam flowers, or hosenka in standard Japanese. It literally means "the flower that blooms in heaven".

In olden times, children in Okinawa would squeeze the sap from balsam flowers to stain their fingernails as a way of warding off evil spirits. 
I really want to try that!



The lyrics in Romaji and the English translation: 

Tinsagu nu hana ya chimisachi ni sumiti
Uya nu yushi gutuya chimu ni sumiri
(Just as my fingernails are dyed with the pigment from balsam flowers, my heart is dyed with my parents' words.)

Yuru harasu funi ya ninufua bushi miati
Wan na cheru uyaya wandu miati
(Just as ships that sail at night are guided to safety by the North star, I am guided by my parents who gave birth to me and watch over me.)

Asayu chimu migachi uchiyu watara
(Polishing my spirit night and day, I traverse this transient world.)



Let's sing with me♪:)


It's so cold everyday. 
Stay warm and have a wonderful new week, everyone☆




JUGEMテーマ:沖縄
| Yuki | 23:46 | - | - | pookmark |